GWの筑波山

筑波山の、女体山に上ってきました。
東の高いほう。

ゴールデンウイークに日本百名山に訪れるという愚挙。
行こうと思えばいつでも行ける場所に住んでいるのに。

でも、この季節の筑波山の自然の美しいことと言ったら!

というわけで、渋滞を避けて、
筑波山神社方面は避け、パープルライン経由でつつじが丘に8時半に到着。
つくばが誇るB級スポット「ガマランド」の脇を抜けて「おたつ石」コースから山頂を目指します。

この季節の筑波山、とにかくスミレがたくさん咲いています。
残念ながら盗掘でかなり減ってしまうそうですが……。

だいすきな二輪草も。

新緑も眩しく、日差しは温かく、日陰に入れば風はさわやか。

あと、この不思議な花。

調べていたら、耳型天南星というらしいです。ミミガタテンナンショウ。
サトイモ科の植物らしいです。
これは先が切れていますが、長くとがっているのが完全形。

筑波山は植物の北限南限の間にあり植物の多様性に富んだ山で、国立科学博物館が植物園の地としてつくばを選んだのもその多様性からなのだそうです。近年外来種が浸食してきたり登山ブームで貴重な植物が盗掘されたりと課題はありますが、また来年も見に来られたらいいなあと思います。チビっこたちも登山できるまでに成長してよかった。

グライダーも飛んでました。上昇気流に乗ると高いところまで行けるんですねえ。とんびみたいでした。
男体山の気象観測所と。

Share