コルドバのメスキータ

コルドバで必ず見ておかねばならないメスキータ。

ヨーロッパでかつてイスラム教だった街がキリスト教の侵略をうけると、たいていモスクだったところがほぼすべて取り壊されて教会が建てられます。そこにモスクがあった形跡はほとんどなくなるか、あるいは土台を転用するため、装飾が入れ替わり礼拝堂が設置されるか……といったところばかりです。

しかしコルドバのメスキータは「モスクの中に礼拝堂がすっぽり収まった建築」なのです。

もともとコルドバはカルタゴ人によって造られたといわれています。その後フェニキア人、ローマ帝国と侵略され、紀元後712年にサラセン帝国が侵入することでイスラムの街となります。1236年にキリスト教に滅ぼされるまで、コルドバは繁栄を極めます。一時は人口100万を超えるヨーロッパいちの都市でした。
この当時、コルドバのモスクは増え続ける礼拝者を収容すべく、幾たびも増幅を重ねて巨大な建造物へと成長しました。イスラム教は偶像崇拝を禁止しているのでアラベスクが主たる装飾で、メッカの方向を示す壁面のほかは屋根を支える柱とアーチのみ。そこには広大な円柱の森が広がっていたといいます。

今でもメスキータに入ると円柱の森を体感することができます。国際展示場を天井の低い石造りにしたような、というと身も蓋もないですが、ほんとうにがらんどうなのです。その空間が宇宙的で、屋根を支えるアーチの規則性や彫のほどこされた木製の天井などと相まって荘厳な雰囲気をたたえています。

この空間がメスキータじゅうに広がっていたらどんなにすごかったことか。
けれども、キリスト教侵略後、司教がメスキータの中央部を取り壊し、キリスト教の礼拝堂を建ててしまいます。

こんにちではむしろこちらの方が撮影スポットなわけですが……。

普通の建造物であったなら取り壊されるところであったこのモスク。しかしその広大さ、荘厳さがキリスト教の支配者をも圧倒し、司教は中央部を礼拝堂にするにとどめました。また、当時のヨーロッパ全土の支配者であったカルロスI世は、取り壊し後にメスキータを訪れ、これほどまでに見事な建造物を取り壊す許可を与えたことを後悔したといいます。

屋外にはオレンジの中庭とミナレットがあり、ミナレットには登ることができるようです。

コルドバへはパティオを目的として訪れましたが、メスキータの荘厳さにはただただ圧倒されました。
あの空間に足を踏み入れることができたのは幸せなことでした。すばらしい建造物です。

Share