創作のインプット

twitterで創作のインプットが足りないという話題を出したところ、
「インプットとはどのようなものでしょうか?」とご質問をいただきました。
質問してくださってありがとうございます。
シンプルにお返事できなかったので、ここでつらつら書きたいと思います。
創作全般に言えることだと思いますが、私が絵を描いてるので
絵の例でいきたいと思います。

[su_divider top=”no” style=”dotted” size=”2″]

私は、創作は自分の中にあるものを何らかの形で表現することだと思っています。
自分の中にある素材を、自分なりの方法で形にしていく。

目を開いて、耳を澄ましていれば、日常の生活だけから得られる情報でも十分だけど、
もし自分の作りたい世界がぼんやりとでもあるのなら、
その世界に添えられそうな素材を探しに行ってみたらいいと思います。
まずは憧れの作品を集めてみるとか。
自分で楽しむだけなら著作権は侵害しないので、
ネットで見つけた好きな作品や画像をいっぱいプリントアウトしてファイリングしたり。
その人の展覧会に足を運べる機会があれば、行ってみたり。
そこからさらに、自分の作りたい世界が広がってくることも多いと思うのです。

素材を集めてみると、たぶん自分でも作り手になりたい欲求が沸いてくるはずです。
こういうところは取り入れたいとか、自分ならこの方法は使わないな、とか。

私の場合は、最初はひたすら模写でした。
宮崎駿とかマグリットとかを模写しまくった時期があります。
模写は大事だと思います。さいしょはなるべくそっくりに模写します。
じっくり隅々まで見ているつもりでも、
模写をしてみたら、実はあんまり見ていなかったことがわかるのです。
模写をすることで、対象を見る目を養えるし、画力もついでに向上します。
一石二鳥です。
そこからさらに、自分の色を少しずつ足していったり
複数の模写から得られたスキルを混ぜ合わせるなどの習作を重ねていくと
いつしか自分の絵になっていくと思います。

また、素材が同じ媒体(絵なら絵をみるだけとか)だと満足できなくなってきます。
そんなときは、ちょっと違うジャンルの作品を見たり、あるいは自分で体験したり、
旅行など、日常から離れた体験をするとかも良いです。
私は一時期、粘土の球体関節人形作りに熱中した時期がありました。
人形作りはまったく不得意なことが分かっただけで終わりましたが、
いろんな角度から人の形を見る経験は、その後の人物画のスキルを向上させました。
また、人形の顔を化粧するように描いていく作業が、
絵画における人物の顔の描写に少なからず影響しているのではないかと思います。

こういう訓練を重ねているうちに、
絵とはほとんど関係ないと思っていた日常的に見ていた物事が
絵の中に反映される瞬間を体験することができます。
この感覚が得られたら、実は自分が過去に生きてきたすべてが
創作の素材だったことに気づくはずです。
からっぽなひとはいません。すでに持っているものの価値を知らないだけなんです。
ここまでくると、いろいろな作家さんの影響を受けながらも
自分のオリジナリティを追求できるレベルになると思います。

その先は、日常からでも創作の素材をより多く見つけるアンテナを張りめぐらせながら、
ときどきはとっておきの体験をしたり、好きな作品、芸術に触れることで高級なエッセンスを加え
それを自分の中で練り練り混ぜ混ぜしていけば、やがて次の自分の作品が生まれます。

[su_divider top=”no” style=”dotted” size=”2″]

私はまだまだ道半ばなので、インプットもまだ不完全だし、
それを自分の作風に反映させる技術も、
真に自分が表現したいものをイメージするスキルも不十分です。
もしこのインプットの記事が少しでも参考になれる方がおられるならば
一緒に切磋琢磨していけたらとても嬉しいです。