創作のインプット

twitterで創作のインプットが足りないという話題を出したところ、
「インプットとはどのようなものでしょうか?」とご質問をいただきました。
質問してくださってありがとうございます。
シンプルにお返事できなかったので、ここでつらつら書きたいと思います。
創作全般に言えることだと思いますが、私が絵を描いてるので
絵の例でいきたいと思います。

私は、創作は自分の中にあるものを何らかの形で表現することだと思っています。
自分の中にある素材を、自分なりの方法で形にしていく。

目を開いて、耳を澄ましていれば、日常の生活だけから得られる情報でも十分だけど、
もし自分の作りたい世界がぼんやりとでもあるのなら、
その世界に添えられそうな素材を探しに行ってみたらいいと思います。
まずは憧れの作品を集めてみるとか。
自分で楽しむだけなら著作権は侵害しないので、
ネットで見つけた好きな作品や画像をいっぱいプリントアウトしてファイリングしたり。
その人の展覧会に足を運べる機会があれば、行ってみたり。
そこからさらに、自分の作りたい世界が広がってくることも多いと思うのです。

素材を集めてみると、たぶん自分でも作り手になりたい欲求が沸いてくるはずです。
こういうところは取り入れたいとか、自分ならこの方法は使わないな、とか。

私の場合は、最初はひたすら模写でした。
宮崎駿とかマグリットとかを模写しまくった時期があります。
模写は大事だと思います。さいしょはなるべくそっくりに模写します。
じっくり隅々まで見ているつもりでも、
模写をしてみたら、実はあんまり見ていなかったことがわかるのです。
模写をすることで、対象を見る目を養えるし、画力もついでに向上します。
一石二鳥です。
そこからさらに、自分の色を少しずつ足していったり
複数の模写から得られたスキルを混ぜ合わせるなどの習作を重ねていくと
いつしか自分の絵になっていくと思います。

また、素材が同じ媒体(絵なら絵をみるだけとか)だと満足できなくなってきます。
そんなときは、ちょっと違うジャンルの作品を見たり、あるいは自分で体験したり、
旅行など、日常から離れた体験をするとかも良いです。
私は一時期、粘土の球体関節人形作りに熱中した時期がありました。
人形作りはまったく不得意なことが分かっただけで終わりましたが、
いろんな角度から人の形を見る経験は、その後の人物画のスキルを向上させました。
また、人形の顔を化粧するように描いていく作業が、
絵画における人物の顔の描写に少なからず影響しているのではないかと思います。

こういう訓練を重ねているうちに、
絵とはほとんど関係ないと思っていた日常的に見ていた物事が
絵の中に反映される瞬間を体験することができます。
この感覚が得られたら、実は自分が過去に生きてきたすべてが
創作の素材だったことに気づくはずです。
からっぽなひとはいません。すでに持っているものの価値を知らないだけなんです。
ここまでくると、いろいろな作家さんの影響を受けながらも
自分のオリジナリティを追求できるレベルになると思います。

その先は、日常からでも創作の素材をより多く見つけるアンテナを張りめぐらせながら、
ときどきはとっておきの体験をしたり、好きな作品、芸術に触れることで高級なエッセンスを加え
それを自分の中で練り練り混ぜ混ぜしていけば、やがて次の自分の作品が生まれます。

私はまだまだ道半ばなので、インプットもまだ不完全だし、
それを自分の作風に反映させる技術も、
真に自分が表現したいものをイメージするスキルも不十分です。
もしこのインプットの記事が少しでも参考になれる方がおられるならば
一緒に切磋琢磨していけたらとても嬉しいです。

Share

『とこクロ2017』

去年の暮れから描きためていたクロッキーをまとめました。
A6横、表紙込90頁。500円です。

薄い紙を使いましたが、それなりの厚みです。

こんな感じで1ページに3枚ずつ、時系列でズラズラと並んでいます。横長のがたまに1ページにどどんと載ってます。

11/23のコミティア122で販売開始です。
BOOTHでも販売中。

Share

コミティア122 ささきさルーチカ

COMITIA122に参加します。

日程:2017年11月23日(日)11:00~16:00
場所:有明・東京ビッグサイト東4・5・6ホール
スペース:Z01a「ささきさルーチカ」

今回も場所はグッズジャンルで、「医療系雑貨生みたて卵屋」さんとお隣になっています。
ロコノの新刊を出すつもりだったのだけど、無理そうなので、クロッキー集を出すことにしました。90ページ分くらいのクロッキーがあるのだけど、大丈夫かな…頑張って作ります。12月のルーチカのイベント告知なども盛りだくさんなので、是非遊びに来てください。

★ 新刊の『とこクロ2017』はこちらをご覧ください。
★ ルーチカグッズのお品書きはこちらを。

Share

COMITIA121 ささきさルーチカ

COMITIA121に参加します。

日程:2017年8月20日(日)11:00~16:00
場所:有明・東京ビッグサイト東5・6ホール
スペース:ち16a「ささきさルーチカ」

これまではTOKOが主体となって自作の漫画や画集を発表する場として参加しており、ルーチカ製品も委託品扱いで置いていました。今回はかなりルーチカのウェイトを上げるつもりで、サークル名にもルーチカの名を加えました。
場所はグッズジャンルです。「医療系雑貨生みたて卵屋」さんとお隣になっています。

ルーチカ製品ラインナップはこちらをご覧ください。

ささきさからは、残念ながら新刊なしです。
このところ絵もまともに描けていないのでどうにかしたいのですが…。
既刊案内はこちら。

Share

福岡~佐賀周遊

7月末に、福岡~佐賀~長崎と周遊してきました。

まずは福岡県北九州市にあるスペースワールド。
今年いっぱいで閉園するとのことで、懐かしさもあって遊びに行ってきました!

開演直後の1990年に訪れたことがあり、手元にチケットが残っていました。当時はアトラクションに乗るごとにこのようなカードが配布されたんですね。
今回はFinalのフリーチケットで遊びましたよ。……というかカードをもらえるサービスはもう廃止されているようで、でもカードが出てくる改札みたいなところだけは残ってて侘しさを醸し出していました。

身近でわりと知ってるテーマパークとしてはディズニーランドがあり、世界観を壊さないために回りの俗な景色は見えないような構造になっています。

対して、宇宙を体感できるテーマパークであるところのスペースワールド。写真を撮ろうとすると、後ろに高速道路の高架や住宅街やイオンモール…このクオリティ。さすがです。
これは開園当時からで、新日鐵の空き地を利用して作られたので当時は入り口に向かう道すがらが製鉄所の資材置き場になっていて、ディズニーランドのような「入り口に向かうワクワク感はなかった」というのが当時をよく記憶している父親の証言です。

いちばんフォトジェニックなスペースシャトルの後ろにすら高速道路の高架。むしろ揺るぎない世俗感。

そんなこんなの地方テーマパークですが、当時ひとつ特別な点があったとすれば、それは「宇宙飛行士体験プログラム」だったのではないかと思います。今回子供同伴でしたし時間もなかったのでこの予定はたてませんでした。……が。あとからサイトを見てみると、もうこのプログラムもなくなっていたようです。

アトラクションやらなんやら、いろんなところにデジタル画面が導入されてるのは普通なんだけど、かなりがブラウン管が残ってるのもすごかった!しかもなんかすごい焼き付いてて映像がぼろぼろだった!しょっぱなの発券受付窓口も覗いてみたら普通にベージュのCRTモニタだった!
もしかして、開園当時からそういうデジタル設備を更新して……ない……?
もしかして、もしかして、設備更新が必要になって、でも予算がないから閉園ってながれ…なの………?

スペースワールド全体が「昔はあったけど今はないサービス…なのに残骸だけが残っている」みたいなもので溢れかえっていて、もしかしたら平日だったので土日だけ稼働しているサービスもあるのかもしれませんが、もう、侘しい。全体的に侘しい。

個人的にはそれが良かったです。
もう、こういうの、大好きですよ……!行けてよかったです。

帰りはソニックを激写。
JR九州の水戸岡デザインのことは、たしか10年位前に子羊舎さんから教えてもらって、それから好きになりました。
鉄道ファンからはむしろ悪評みたいですけど、私はとても好き。
水戸岡さんは模型ではなく紙面からデザインするらしくて、なので列車の外装内装だけではなくポスターデザインとかイラストも手掛けていて、その雰囲気とか統一感ひっくるめて好きなんですよね。

今はほかの地方の列車デザインも手掛けてるそうで。
水戸岡列車が見られるのは九州だけっていう特別感がなくなってしまったのはちょっと寂しいかも。

その後は福岡の海の中道水族館で魚を見たり、

水中を舞うイカを見たり、

呼子では回るイカを見たり、

干されるイカを見たり、

イカ釣り漁船を見たり、

イカしゅうまいを食べたりしましたよ。
実は魚介類を食べるが苦手なのですが……。見るのは好きです。

Share