COMITIA121 ささきさルーチカ

COMITIA121に参加します。

日程:2017年8月20日(日)11:00~16:00
場所:有明・東京ビッグサイト東5・6ホール
スペース:ち16a「ささきさルーチカ」

これまではTOKOが主体となって自作の漫画や画集を発表する場として参加しており、ルーチカ製品も委託品扱いで置いていました。今回はかなりルーチカのウェイトを上げるつもりで、サークル名にもルーチカの名を加えました。
場所はグッズジャンルです。「医療系雑貨生みたて卵屋」さんとお隣になっています。

ルーチカ製品ラインナップはこちらをご覧ください。

ささきさからは、残念ながら新刊なしです。
このところ絵もまともに描けていないのでどうにかしたいのですが…。
既刊案内はこちら。

Share

福岡~佐賀周遊

7月末に、福岡~佐賀~長崎と周遊してきました。

まずは福岡県北九州市にあるスペースワールド。
今年いっぱいで閉園するとのことで、懐かしさもあって遊びに行ってきました!

開演直後の1990年に訪れたことがあり、手元にチケットが残っていました。当時はアトラクションに乗るごとにこのようなカードが配布されたんですね。
今回はFinalのフリーチケットで遊びましたよ。……というかカードをもらえるサービスはもう廃止されているようで、でもカードが出てくる改札みたいなところだけは残ってて侘しさを醸し出していました。

身近でわりと知ってるテーマパークとしてはディズニーランドがあり、世界観を壊さないために回りの俗な景色は見えないような構造になっています。

対して、宇宙を体感できるテーマパークであるところのスペースワールド。写真を撮ろうとすると、後ろに高速道路の高架や住宅街やイオンモール…このクオリティ。さすがです。
これは開園当時からで、新日鐵の空き地を利用して作られたので当時は入り口に向かう道すがらが製鉄所の資材置き場になっていて、ディズニーランドのような「入り口に向かうワクワク感はなかった」というのが当時をよく記憶している父親の証言です。

いちばんフォトジェニックなスペースシャトルの後ろにすら高速道路の高架。むしろ揺るぎない世俗感。

そんなこんなの地方テーマパークですが、当時ひとつ特別な点があったとすれば、それは「宇宙飛行士体験プログラム」だったのではないかと思います。今回子供同伴でしたし時間もなかったのでこの予定はたてませんでした。……が。あとからサイトを見てみると、もうこのプログラムもなくなっていたようです。

アトラクションやらなんやら、いろんなところにデジタル画面が導入されてるのは普通なんだけど、かなりがブラウン管が残ってるのもすごかった!しかもなんかすごい焼き付いてて映像がぼろぼろだった!しょっぱなの発券受付窓口も覗いてみたら普通にベージュのCRTモニタだった!
もしかして、開園当時からそういうデジタル設備を更新して……ない……?
もしかして、もしかして、設備更新が必要になって、でも予算がないから閉園ってながれ…なの………?

スペースワールド全体が「昔はあったけど今はないサービス…なのに残骸だけが残っている」みたいなもので溢れかえっていて、もしかしたら平日だったので土日だけ稼働しているサービスもあるのかもしれませんが、もう、侘しい。全体的に侘しい。

個人的にはそれが良かったです。
もう、こういうの、大好きですよ……!行けてよかったです。

帰りはソニックを激写。
JR九州の水戸岡デザインのことは、たしか10年位前に子羊舎さんから教えてもらって、それから好きになりました。
鉄道ファンからはむしろ悪評みたいですけど、私はとても好き。
水戸岡さんは模型ではなく紙面からデザインするらしくて、なので列車の外装内装だけではなくポスターデザインとかイラストも手掛けていて、その雰囲気とか統一感ひっくるめて好きなんですよね。

今はほかの地方の列車デザインも手掛けてるそうで。
水戸岡列車が見られるのは九州だけっていう特別感がなくなってしまったのはちょっと寂しいかも。

その後は福岡の海の中道水族館で魚を見たり、

水中を舞うイカを見たり、

呼子では回るイカを見たり、

干されるイカを見たり、

イカ釣り漁船を見たり、

イカしゅうまいを食べたりしましたよ。
実は魚介類を食べるが苦手なのですが……。見るのは好きです。

Share