わたしはいま、漫画や水彩画を描いたり、文具雑貨の卸問屋(企画意匠含む)をやっている、フリーランス一年生です。

この春にフルタイムのサラリーマンを退職し、創作活動を専念することにしました。その時に予想していた仕事内容はこんな感じでした。

リソースの多くはルーチカアイテムの企画製造および営業に割かれ、営業ツールとしてステルクララを復活させて活用する気満々で始めたんです。が、

半年経ってみたら、こんな感じに。

漫画がすごい割合を占めています。『星狩りの夜』の連載開始、これが大誤算でした。ステルクララは希望として大きな円を描いていますが、実質ほとんど何もやっていません。

今年はそ創作に専念した際の業務バランスを調整するためのバッフアの一年だったこともあり、いろいろなケースを体験できるのは良いことでもあります。ただ、漫画の大誤算、これによるステルクララ計画の遅延を今後どうしていくかは、ルーチカブランディングの課題となりそうです。

どちらにせよ、この集合図みたいな図示は業務を視覚化できていい感じです。なかなかお薦めです。

Share