漫画家で雑貨屋なので、自作品をよりたくさんの方に読んでもらうため、自製品をより多くの人にご利用いただくため、広告宣伝をしなければなりません。それにはネットやSNSが何より手軽で効果ばつぐん。

目的やユーザー種に応じて増やしてきた結果、今、私の手元にあるSNSアカウント(およびネットメディア)はこれくらいあります。

・ルーチカtwitter(情報中心アナウンス)
・ルーチカInstagram(写真中心ブランディング)
・ルーチカサイト(ランディングページ)・ブログ(詳細アナウンス)
・RUCHKA STORE(通販)とその中のニュース(通販アナウンス)
・ルーチカBOOTH店(通販)
・ルーチカYoutube(動画配信)

・ささきさtwitter(情報中心アナウンス)
・ささきさInstagram(写真中心ブランディング)
・ささきさサイト(ランディングページ)
・ささきさnote(テキスト)→ココ
・ささきさBOOTH店(通販)
・pixiv(作品公開コミュニティ)
・FANBOX(ブログ、ファンコミュニティ)

なんかめちゃくちゃありますね!やりすぎ!!
リストアップして自分でも驚愕しました。

これを毎日更新するなんて無理で、実のところ更新停止中なメディアも少なくありません。このほかにもtwitterで毎週更新しようと去年まで頑張っていた「今週の星模様」も滞ったままだし。

そして本来すべき「漫画を描いて公表する」「製品開発・製造・販売する」がおろそかになってしまいます。

完全に本末転倒。
なので、ある程度制限を設ける必要があります。

それぞれのメディアにそれぞれフォロワーがいてファンがいて、どれ一つおろそかにはしたくないという理想と、到底無理だという現実のギャップを、どうにか埋めたり、ギャップを許容したりしなければなりません。

とりえず今日は問題を把握できたのでよしとします。

Share